スタッフブログ

2019年4月1日

令和

今日お昼に、新元号の発表がありました。
5月1日からは「令和元年」となるそうです。

世上の予想とは違い、聞きなれない言葉となりましたが
平成に変わった時も違和感が大きかったような気がしますね。
そのうち慣れるのでしょう。

令和という言葉の出典は、万葉集からとの発表でした。

「初春の月にして気淑く風らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」

初春のめでたい月に、いい天気で綺麗に花も咲いてるなぁ・・という感じの
一節があり、そこから漢字を選んだようです。

出典通り、穏やかで気持ちのいい年代になるよう期待しましょう。
なお、事務方はこれから元号改定にむけて
書類やシステム関係の膨大な作業が。。

まあめでたいから問題ないですね!

                たにぐち

 

このページの先頭へ