スタッフブログ

2019年7月2日

冷夏

近畿地方もようやく遅い梅雨に入り(平年より20日程遅め)、
連日雨模様の天気が続いています。

雨のせいか、気温もあまり上がってこないので
今年はまだエアコンにさほど頼らずにすんでいます。
どうも、今年は冷夏になるようですね。

冷夏と言えば、米が大凶作となった1993年の夏を思い出します。
海外から米を輸入するなど、大騒ぎになりました。

その時の原因は、フィリピン・ピナツボ火山の大噴火だとされています。
長期間の噴火があると成層圏に火山灰が蓄積し、日光を遮るそうです。

実は先日も、千島列島の雷公計島という所で噴火がありました。
聞きなれない地名ですが、北海道近辺の大規模な噴火ということで
気温への影響が懸念されています。

また今年は、太陽のエネルギーが弱まる周期(極小期)を迎えるのに加え
太平洋で冷夏をもたらすとされるエルニーニョ現象も発生しているようです。
条件が揃った今年は、気温の上がらない夏になるのかも。

いっぽう、海外ではフランスで過去最高の45・9度を記録するなど(45度?!)
死者も出るほどの熱波に見舞われているようです。
欧州は基本的に日本ほど夏が暑くないので、これは大変そう・・

日本は大雨の地域も多いですが、去年も台風が酷かったので
この夏は穏やかな天候が続きますように。

 

たにぐち

このページの先頭へ