スタッフブログ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 大雨・台風への備え

2019年8月30日

大雨・台風への備え

8月末、九州北部に記録的な大雨が降り、土砂災害や浸水など

甚大な被害がありました。

雨雲は西日本から東日本へと範囲を伸ばしつつあり、広い範囲で

大気の状態が不安定になっているようです。

 

先日の台風10号も記憶に新しいですが、このような天候は

以前よりは珍しくなくなっていくのかもしれません。

 

長崎県や佐賀県では、このところの大雨で1時間の雨量が

100ミリを超える記録的な観測結果が出たところもあり

被害の拡大が懸念されています。一般的に「バケツをひっくり返したような」

と形容される程の大雨が、30~50ミリ程度の雨量なので

100ミリというのは尋常ではありません。

台風被害の多くが9月に入ってから発生することを考えると、

大雨に加えて十分に対策しておきたいところです。

 

以前も【台風と火災保険】というところでご紹介しましたが、

大雨や台風の被害は火災保険で補償できるケースも多くあります。

台風が来たから明日から契約!というわけにはいきませんので、

(大きな台風が来た際、保険会社は火災保険の引き受けをいったん止めることが多い)

このシーズンは、火災保険についてもう一度見直されてみてはと思います。

 

 

 

 

たにぐち

 

 

このページの先頭へ