スタッフブログ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 純ガソリンエンジン車 販売中止へ

2020年12月4日

純ガソリンエンジン車 販売中止へ

政府は、2030年代半ばまでに

国内の新車販売を全て、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)

切り替え、純ガソリン車の販売を事実上禁止する方針を打ち出しました。

10日にも経済産業省から正式表明があるようです。

 

背景には、50年までに二酸化炭素(CO2)など

温室効果ガスの排出を実質ゼロとする政府目標があり

純ガソリン車の販売を制限する、世界的な動きに追随する形になります。

 

欧米中では電気自動車(EV)へと完全に切り替えていく流れもありますが、

日本ではすでにハイブリッド車(HV)が他国に比べて大幅に普及しており

新車の販売台数も3割程度がHVです。

 

ここから段階的に次世代自動車の普及率を5~7割にしていくのが

従来の目標で、今回その取り組みを加速させることで

温室効果ガスの排出をゼロに近づけていくのが狙いでしょう。

 

 

そのうち、ガソリンだけで走る車は珍しいものになるかもしれません。

自動運転化の流れも含め、車の保険もこれから大きく変化していきそうです。

 

 

 

 

たにぐち

 

このページの先頭へ