スタッフブログ

2019年3月22日

花粉症

今回は春の風物詩、花粉症のお話を・・

私もご多分に漏れずやられておりまして、この時期は目薬が手放せません。
毎年某ワインのように昨年を上回る花粉の強さ?などと言われていますが、
本当に増えてきているのではないでしょうか。

また、この時期一般的なスギやヒノキといった花粉のほかにも

・カモガヤ(3~11月)
・ブタクサ(8~10月)

などがアレルギーの原因として知られており、ヨモギやイネ科の植物といった
身近なもので花粉症となるケースもあるそうです。

最近はアレルゲンを皮下注射や舌の上にのせて(舌下免疫療法)
じょじょに体内に取り込むことにより、体を慣らすことで
花粉症の根治を狙う治療法もありますが、長期にわたる治療法なので
手軽に治るかというとなかなか・・

対症療法では、「手を洗う」「顔を洗う」
そして「メガネをかける」ことなどが症状の緩和につながるようです。

暖かくなるのは大歓迎ですが、この時期だけは
雨が降っているぐらいのほうが嬉しいかも。
来年は花粉のはずれ年でありますように。

 
                            たにぐち

このページの先頭へ